特定非営利活動法人 M.O.S.C.O.
 
 
 →|2008年
 →|2009年
 →|2010年
 →|2011年
 →|2012年
 →|2013年
 →|震災復興支援活動
HOME活動報告2008年
2008年・活動報告
 ・MOSCO会員の海外ラリー参戦
当会メンバーの野中選手が初海外ラリー参戦!! 見事完走しました。以下初海外ラリー参戦の本人の感想です。

「チャイナの路面は本当にすごく大好きな雪の路面を大幅に滑る感じでしかも、岩がゴツゴツ出っ張っていたりするのでラインを選ばないと引っ掛けて道から外れそうになりました・・
本当に海外ラリーは難しいですし楽しいです!」
 ・全日本ラリーMCSCハイランドマスターズ開催支援
10月3〜5日に掛けて岐阜県高山市において開催された、全日本ラリーMCSCハイランドマスターズラリーにおいて、当会スタッフがオフィシャルとして参加、ラリー開催を側面からお手伝いしました。
ラリーは4日(土)の午前中にスタートし、旧丹生川村付近を走行、当会のスタッフは、SSのスタートやフィニッシュを担当また、SS内での安全管理などの約務を担当しました。
 ・群馬ラリー選手権開催支援
2008年群馬ラリー選手権の「あさま隠しラリー」「チームIF山岳ラリー」の開催に対し当会よりオフィシャルを派遣、ラリーの運営を側面よりお手伝いしました。

SSフィニッシュにてコントロールカードをエントラントに手渡す当会スタッフ
                                             (右写真)
 ・LSO講習会(ライフ・セービング講習)

6月22日(日)前橋中央公民館において、LSO(ライフセービングオーガニゼーション)講習会を行いました。今回の主催はNPO 群馬ラリーネットワークの開催に便乗した形での開催でしたが、当会から4名の受講者が有り、緊急時の救命活動の講習を丸1日かけて取得、会員の安全への意識向上に大いに役に立つ内容となりました。
また、時期を見て定期的に開催していく予定です。

 ・全日本ラリーMSCC東京ラリー支援

6月13〜15日に福島県棚倉町で「MSCCマツダスポーツカークラブ」主催として、開催された「全日本ラリーMSCC東京ラリー」に当会メンバーが総力支援を行いました。
ラリーの先行車(00カー)を当会が持ち込み、ラリーコースの安全を当会役員が確認、スペシャルステージのスタート・ゴールのスタッフとして、当会メンバーが責任部署を請け負い、ラリー本部役員としても活躍しました。
今年で5年連続の協力となりました。

 ・コッパディ東海のオフィシャル参加

6月7・8日に掛けて浜名湖周辺で開催された、「第3回 コッパディ東海」という、クラッシックカーイベントに当会愛知メンバーを派遣しました。
オフィシャル内容はやはり計時作業、スタッフは素晴らしい車たちを見る間もなく計時用パソコン画面とにらめっこでした。

 ・TAG ラリー 2008 開催支援活動

5月9日2008年東日本ラリー選手権・2008年群馬ラリー選手権として開催の「TAG ラリー 2008」をMOSCOが全面的に応援、ラリー専用ウエッブサイトの制作や当日のコースマーシャル・コースオフィシャルとして活躍、さらに、リアルタイムでのリザルト発表にMOSCOの技術を投入しました。当日の天候はあいにくの雨天でしたが、参加台数75台の大イベントを成功へと導きました。

 ・環境保護活動 足尾に緑を育てる会 春の植樹デー支援

4月26・27日 当会が提携している、NPO法人 足尾に緑を育てる会 の大イベント「2008年春の植樹デー」が開催されました。
MOSCOスタッフは過去10年に渡り積極的に植樹活動を支援しています。
しかし、この植樹デーは関東一円から多くの参加者が来る為に、参加者の車の交通整理に多くのスタッフを必要とします。
昨年より、この交通整理、駐車場での誘導を全て、MOSCOメンバーにより行い、また駐車場よりのシャトルバスの走行管理も当会で行って、このイベントを側面より前面支援しています。

               
 ・BICCタイムトライアル大会開催
毎年シーズン終盤、タイムトライアル大会を開催しています。今年は3月9日に開催しました。
参加者は、一般の方から競技に出場している選手まで、和気藹々と開催参加者のレベルに合わせ多くのクラス分けを行い、初心者から上級者まで大いに楽しんでいただきました。
中での、スパイククラスの豪快な走行には、参加者全員感動物でした。
来シーズンも開催しますので、皆さんも、お気軽に参加してください。
 ・BICC Rally of Tsumagoi 2008の開催

2月1日から2日まで、「BICC Rally of TSUMAGOI2008」を開催、エントリー総数46台で、賑やかな開催となりました。
オーストラリアからディーンヘリッジ選手が来日し0カーをドライブし、ゼッケン1番には新井敏弘選手、その他全日本ラリーで活躍する有名ドライバー達も顔を揃え、大いに盛り上がった大会となりました。
またゴール後には、話題豊富な表彰パーティーを本年もスタート・ゴール会場であるホテルグリーンプラザ軽井沢で開催しました。
                                        
 ・雪上安全運転講習会
運転技術を向上させるには、氷雪上のコースで訓練することが、一番と言われています。緊急時の回避テクニックや、突然のスリップにどうのように対応するか、また、いかに車のスピード早く押さえるかなど、通常の道路で応用できるテクニックを氷雪上コースであれば、低速で再現できますので、安全に習得することができます。

1月21日から26日まで開催延べ200名の受講生がBICCを訪れました
 ・氷雪上走行会

2008年バラギアイスサーキットは1月初旬のオープンを予定してましたが、地球温暖化の影響か、雪が少なく1月13日に1週間遅れでスタートし、3月9日まで走行を可能としました。

参加者は群馬県内外から延べ、400名の参加が有りました。

今シーズンはフラットバーンと林間コースの2パターンの施設をを用意し運転の基本から応用技術を磨ける施設となりました。
                          
 Copylight(C)2012 MOSCO All right reserved